寂しさが募った時にお金が欲しいと思います。

私がお金が欲しいなと思うきっかけの時期としては、クリスマスの時と誕生日の時です。

 

お金があったら、こんなバッグもあんなネックレスも欲しいと思います。

 

季節がらみだけではなく、テレビを見ていて、よく芸能人が豪邸に住んで、
大量のブランドバッグを一回くらいし使ってないと思われるピカピカの新品の状態であると憎たらしくなります。

 

私も人生で一回くらい、あんな風にポンポン買ってみたいなと思います。

 

あの芸能人みたいに私もブランドバッグを給料1ヶ月分や2ヶ月分のバッグを平然な顔して買って見たいと思います。

 

季節として、よくお金が欲しいと感じるのは、誕生日です。自分へのプレゼントとして、欲しいなと思います。
日頃のどんなに忙しくても弱音を吐かずに仕事を頑張り、無断で休むことなく、せっせと少しづつお金を貯めてきました。

 

私としては、貯金も毎月少しですが、ちょっとずつ貯蓄してます。

 

一人でコツコツと地道に頑張ってる苦労を誰が知っているのだろうかとストレスが溜まっています。
コンビニに立ち寄ると無駄な買い食いをしてしまうので、やめるようにしてます。

 

毎日毎日、倹約してるのに、たまの誕生日くらいは自分の好きなものを買って見たいなと思います。

 

そんな自分の誕生日を自分で祝う時でさえ、また誕生日の翌日から始まる質素な生活のことを考えてしまい、高いものを買えない自分がいます。
そんな時は、自分の倹約性質を気にする必要もないくらいのお金があったら、良いのになと思いました。

 

また、クリスマスの時にも思います。

 

時期的に恋人達が楽しそうに腕を組んで歩いてる姿を見ると、独身で彼氏もいない私に誰がプレゼントしてくれるのだろうかと思います。
そんな時は、お金が沢山あったら、それだけで良いのになと思います。

 

そうしたら、自分に向けて労いのプレゼントの1つでも買えるのになと思います。

 

寂しさが募った時にお金で満たしてもらおうとしているのかもしれません。そんな時にお金がほしいと思います。